real

レバレッジラウンジ vol.5 いよいよ明日開催です

レバレッジラウンジ

いよいよ、『レバレッジラウンジvol.5』の開催が明日になりました。
最終告知をさせていただきたいと思います。

【レバレッジラウンジとは?】
1980年代生まれ限定。これからの日本を元気にするメンバーの交流会

【過去の参加者など】
起業家、会社員・会社役員、料理人、アスリート、音楽家、美術家、、、
熱く面白い同世代が、あつまっています。
参考:レバレッジラウンジ過去の様子

【日時】
3月8日(日) 18:00~21:00 
二次会 21:15~ 自由解散

【場所】
ラウンジoffice@外苑前
URL:http://www.transit-web.com/shop/cafe/office/

【参加人数】
40名前後の方々を予定しております。
 

それでは、当日皆様とお会いできることを、心から楽しみにしております。
宜しくお願いいたします。


『世界の職場から』 海外のクールなオフィス5選

世界の車窓から、ならぬ、世界の職場から。
オフィスの雰囲気は、社員の生産性に大きくかかわってくる気がします。
そう考えると、こうやって空間にお金をかけることもまったく悪いとは思えませんね。 

確かに、ここまでするのか・・・的なものまで含まれていますが、羨ましく思えてきます。
日本にも、こういう企業はあるのでしょうか?もし皆様、ご存知でしたらぜひとも教えてください。

1.ドイツ フォルクスワーゲンの”工場”

 
vw1
 
vw1
 
vw3
 
つづきを読む


次世代モバイル通信サービス 『UQ WiMAX』 到着!

まだ接続していませんが、家に帰ってくると、WiMAXが到着していました!
各所で話題騒然のサービスですが、先日、モニターに当選しGETできました。

そもそもWiMAXとは

WiMAX(ワイマックス、Worldwide Interoperability for Microwave Access)は、無線通信技術の規格の一つ。高速通信(光・メタル)回線の敷設やDSL等の利用が困難な地域で、いわゆるラストワンマイルの接続手段として期待されている。近年は、高速移動体通信用の規格も策定されている。WiMAXは当初、中長距離エリアをカバーする無線通信を目的としており、WiMAXアクセス網は「Wireless MAN」(Metropolitan Area Network)と定義される。WiMAXは異なる機器間での相互接続性確保の為、IEEE 802.16作業部会と業界団体のWiMAX Forumにより規格標準化が進められている。

段ボールに入って到着した、WiMAXですが、中を開けると、
iPodを思わせるような、銀色の箱に収納されていました。
デザインがなかなか格好良いですね!

次世代モバイル通信 UQwimax
▲銀色に輝く箱には、GET WiMAX の文字

さらに、銀色の箱を開けると、端末は、ど真ん中に格納されていました。
そして今度は、青く光り輝いた箱。中もまた、iPod風です。

次世代モバイル通信 UQwimax
▲青光りしたケースには、GET SPEED の文字
 
今から設定してみて、速度を体感してみたいと思います。
が、今は・・・千葉県。果たして繋がるんでしょうか?
また、今後、レビューしたいと思います。

参考サイト

WiMAX|UQ Communications のオフィシャルサイト
WiMAXとは|wikipediaの説明ページ
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/44267.html|プレス
http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/NNW/NETHOT/20040820/148817/|プレス


『レバレッジラウンジvol.5』 開催決定!

いよいよ、『レバレッジラウンジvol.5』の開催が近づいてまいりましたので、
こちらでも、告知をさせていただきたいと思います。

【レバレッジラウンジとは?】
完全招待制の、同世代を応援しあうネットワーク

【HISTORY】
過去のレバレッジラウンジの様子

【日時】
3月8日(日) 18:00~21:00

【お店】
ラウンジoffice@外苑前
URL:http://www.transit-web.com/shop/cafe/office/

【参加者】
50名前後の方々を予定しております。
確定しましたら、皆様には、プロフィールシートをお送りいたします。

【申し込みフォーム】
http://blog.shinojapan.com/contact/leveragelounge
※過去参加者による招待状がない方は、参加できません

◇フォーム入力対象者
・前回のラウンジシートから内容を書き換えたい方
・はじめてレバレッジラウンジに参加される方(※紹介者必須)

(注)前回参加して、かつ、内容変更を希望しない場合は、入力の必要はありません。
 
 
詳細が決まり次第改めて御連絡させていただきます。
当日皆様とお会いできることを、心から楽しみにしております。
宜しくお願いいたします。




超エコトイレ!コンポストトイレ(堆肥トイレ)とは

コンポストトイレ

昨今、トイレ製品のめまぐるしい進化には、驚きを隠せないが、
エコ方面でも、今、トイレ製品が大活躍している。
それは、コンポストトイレという最新のエコトイレである。
(和訳:compost|堆肥)

このトイレのエコポイントは、大きく分けて二つある。

1.水を一切使用しない。
いわゆる“ぼっとん便所”は、尿と大便を一緒にするため腐敗が始まり、悪臭が漂う。しかしコンポストトイレはうまく水分を取り除くことでニオイをなくし、さらにし尿を堆肥に変えるというもの。

2.自分の糞尿から、肥料が作れる。
コンポストトイレを1カ月ほど継続して使用すれば、“機は熟す”ようだ。今度はハンドルを反時計回りに回すと、一番下の箱に堆肥が落ち、そこから取り出すという仕組み。「もちろん取り出した堆肥にもニオイはなく、それを外で1カ月ほど乾燥させれば完成です」

抜粋:http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0812/22/news075.html

これこそまさに、エコだ。
しかしながら、通常の一般家庭での使用はほとんどなく、
DIY精神に優れた、別荘を持つ方や、工房などで活用されている様子。

自分が食べたものを、肥料として再利用するとは、新しいideaです。
と、思いきや、きっと先人たちはこうして生きて来ていたんだろうな、なんて風にも思うのです。
歴史は繰り返される。こんなところでも、今、まさに歴史が繰り返されているのでした。
ちなみに、欲しい方は、こちらのサイトから購入できますよ。(\285,000)