おもろー

【Star!】オフィシャルサイト”風”ページを作れるサービス

ちょっと、自分のサイトができた瞬間に微笑が・・・
このStar!Star!Star!では、自分のオフィシャルサイト風ページを、わずか5分ほどで作ってくれる。

自分の顔写真を用意するだけで、準備は完了。
質問に答えつつ、顔の位置あわせをすると、下記のようなサイトが完成する。

star

う~ん・・・うける。笑
これ、今後、このサービスをどうしていきたいのかは、全く分からないけれど、
とりあえず、面白かったので紹介してみました。

ちなみに、ここから僕の”オフィシャルサイト”に飛べます・・・。

Star!Star!Star!

 自分のオフィシャルサイト風ページを5分で生成するサービス


【tweetwasters】twitterに割いた時間を教えてくれる

シンプルだけど、ちょっと面白いサイトを発見しました。
日ごろから、twitterを使っている方は、シンプルさゆえ、よくアクセスをするはず。
そんな方は、意外とtwitterに自分の時間を”かなり”食われているかもしれない・・・。

tweetwasters(※)では、あなたが今までどれだけの時間を、
twitterに費やしたのか、を計測してくれるサービスを提供しています。
(※twitterで時間を取られている人)

使用方法もいたって簡単。
あなたのユーザーIDを、検索窓にいれてエンターを押すだけ。
すぐに、結果を返してくれます。

余談ですが、twitterのapiを活用したサービスは、まるでニッチさを競争しているかのようですね。
前も少し触れましたが、いつか、ロングテールがここにも成立しはじめ、
本体よりも、apiで動いている大多数の総和のほうが稼ぐ時代が来るかもしれません。
過去に紹介済みのwebサービスは、こちらからもどうぞ。

tweetwasters

 twitterにあなたがどれだけ時間を割いているか計測してくれるサービス


全てをsocialに?Google friend connectとは。

google friend connect

ちょっとエントリー遅れましたが、ついに、google friend connectがスタートしましたね。
google friend connect(グーグルフレンドコネクト)とは、こちらのサイトによると、

* サイトに「メンバー機能」を持たせることができる。
* サイトに「コメント機能」を追加することができる。
* サイトにOpenSocial対応のガジェットを設置することができる。
* ガジェットによってサイトに色々なソーシャル機能を追加することができる。

要するに、全てのサイトがsocial化するということ。
そして、その架け橋を、googleが担うということ。
流行の兆しを思わせたのは、googleアカウント以外でも良いっていうとこ。

さらに、オフィシャルブログの記事によると、

Connect lets you log in using an existing account from Google, Yahoo, AOL, or OpenID. Similarly, you can choose to either establish a new profile or use profiles and friend sources from other social networks that have opened up their services, like Plaxo and orkut.


とのこと。

これは要するに、google アカウント以外の、yahoo, AOL, 各種OpenIDでもOKで、
新しくプロフィールを作るも、既存のSNSのものを使ってもOKという自由度を表現。
mixiなどは競合し、加わるに加われないジレンマがあるかもしれませんが、
Greeなどからすれば、攻勢の最終チャンスかもわかりません。
早速、僕もサイトに導入してみましたので、繋がっていただけたら、これ幸いです。
右カラム、一番上に搭載してみました。





参考サイト

google official blog:google friend connectについて(English site)
http://blog.fkoji.com/:google friend connectに関するわかりやすい記事


twicco?! twitterがSNS化している件について

twitter twicco

偶然知りましたが、なんかtwitterを活用したSNSが生まれてました。
その名も、Twicco(ついっこ) ツイッター子って意味でしょうか。
twitterを運営している会社とは別会社みたいですが、twitterAPIを活用し、
とても、うまく動いているように思います。

twiccoとは・・・(オフィシャルサイトより)

アクセスいただきありがとうございます。Twiccoは、Twitterをつかってコミュニティを作るサービスです。現在、αバージョンでの公開を行っています。αバージョンのご利用に際しては、以下の事柄にご注意いただくよう願い申し上げます。

そして、そのコミュニティの作り方もいたってシンプル。

STEP1 Twiccoで参加したいカテゴリをみつける
STEP2 コミュニティ専用のTwitterアカウントを取得する
STEP3 取得したコミュニティのアカウントを入力
STEP4 あなたのTwitterアカウントで本人確認します
STEP5 コミュニティ完成!多くの人に知らせよう

ところが・・・
本日mixiが、もっとOpen Socialになって、外部サイトのガジェットも来年から入れちゃうよ~!
とか言っているので、こういった外部サイトでコミュニティを作れても、ユーザーが果たして使ってくれるのか・・・。
という、懸念点が出てきてしまっている気がします。
iPhoneユーザーがtwitterを使うケースが相当増えているようなので、
twitter関連のサービスには注目していますが。今後どうなるのか・・・。

参考サイト

Twicco:twitterユーザー同士でコミュニティを作り出せるSNS
Shinoのtwitter:フォローしてくれたら、フォローします。(多分)


Google イメージ検索の気になるコト


以前からだいぶ気になっていたけど、このキャッチって・・・。
“史上最強のイメージ検索!”

ちなみに、アメリカのGoogle Image は、
“The most comprehensive image search on the web.”
(直訳:web上でもっとも広域な画像サーチエンジン)

英文はスマートですが、和文は何か違和感を覚えます。
実はこれ、日本とアメリカの歴史的な背景があるとかないとか・・・。

参考サイト

Google Image :史上最強のイメージ検索!




【web2.0な職場風景】twitterやら、diggやら・・・

一般的に、自由そうだと思われるうちの会社から見ても、
ここまで自由な風景には、ちょっと驚かされました。

確かに、制限された環境では、打破する為の工夫(idea)は生まれるけれど、
“奇抜”なideaって、良い意味で制限されていない空間から生まれるのかな。
なんて、思っちゃうような、web2.0な職場風景です。

ところで、あなたの職場(会社)は、どんな環境ですか?
これが、世界にtrendを創り出しているweb企業の社内です。

web2.0 joost

web2.0 joost

▲懐かしきkazaaやskypeの創業者が生んだ、joost

web2.0 joost

▲天井が高い!そして、全てが共用スペースみたい。

web2.0 linkedin

web2.0 joost

▲エントランスパネル。

web2.0 joost

▲googleを彷彿させるような雰囲気ですね。

web2.0 jaiku

▲今、何かと話題沸騰中のjaiku

web2.0 jaiku

▲jaikuのエントランスは、普通の家みたい

web2.0 jaiku

▲遊び心のある、ベンチャー企業って感じですね。

web2.0 digg.com

web2.0 digg.com

▲この女性が誰かはわからないけど、エントランスの看板

web2.0 digg.com

▲ワークスペースが広くていいな。写真右上になぜか急須が・・・。

web2.0 facebook.com

web2.0 facebook.com

▲facebookの入り口は、大学みたい。

web2.0 facebook.com

▲注目すべきは椅子。一脚10万円以上しそう。あと、冷蔵庫の上のお酒・・・

web2.0 twitter.com

web2.0 twitter.com

▲最後はtwitter.comで。この164。何の意味があるんだろ?

web2.0 twitter.com

▲青山とか代官山にありそうなおしゃれなカフェみたい。macが似合う。

web2.0 twitter.com

▲とりあえず、work spaceが広くていいな・・・。

参照元:web 2.0 workplace
一部アカウントページの紹介(Shinoのアカウントページに飛びます)
delicious.com(今回は紹介していませんが。)
flickr.com(多用させてもらってます。)
twitter.com(独り言つぶやいてます。)
facebook.com(rss feedだけ置いてる状態です。)