ピークをいつも今日に持ってくる。

最近、全くブログを書けていませんでした。
近ごろ、仕事もいままでよりも遥かにドタバタしながら、
言い訳なのですが、なかなか刺激的で大変な毎日を送っております。しあわせです・・・。
 
で、なんで今日、ブログを書こうかと思ったのはですね、
先日30代を迎えて、なんというか、「人生のピーク」について考えることがあったからです。
 
すどけんさんのエントリーあなたの旬はいつですか? を拝読しながらも、さらにそう思いました。
 
 

「ピークを今日に持ってくる」とは

つい先日、30代になりました。ついに・・・という感じです。
20代になったときほどはインパクトを感じなかったのですが、ただ、考えることがとても増えました。
特に、自分はどういう30代にしたいのか、というところです。
 

 
そんなことを考えている時、ふと、仕事ではなくて健康や体力のことが気になったのです。もしも自分が近い将来に、「自分の健康・体力が20代後半のランニングをしていたころがピークだった」なんて語っていたら、なんだかすごくださいし、嫌だなぁ。と思ったのです。むしろ、20代の自分をビビらせるくらいの体力にしてやらないと思ったのです。
 
つまり、20代というピークを、30代のピークでは超えたいと思ったのです。
(ここでは、10年単位で、ですね。)
 
じゃー、30代という10年間で、20代の体力を超えるにはどうすれば良いのかなぁ・・・と考えたのですが、20代よりももっと走って、食べ物も工夫したり、健康にも気をつけて、20代を超えるためにできうる行動のすべてを、30代でもし続ければ良いのだということに気がついたのです。ここまでは当たり前ですよね。
ただ、10年間単位というマクロでみると分かりづらいことにも気がつきました。日々のアクションに落とせないので、論理的に分かっていてもなんか腹落ち感があんまりなくて、よくわからないのです。
 
そこで、ふとこの事象をミクロで見てみると、すごく簡単に理解できました。
つまりは、「毎日をピークにする」ということなのだということです。
それの連続だけが、未来を明るくできるのだと。
 
 
「今日死んでも後悔しない生き方」とか言われると、今の私にはまだまだ理解できないのですが、
「今日をピークにもっていく」ということに気づいたら、なんだかとても腹落ちがしたのですよね。
 
そして、私はそんな生き方をしている後輩、仲間、大先輩方が大好きだと思いました。
 
 

昔話

そういえば、リクルートに居た頃、制度自体がこういうメッセージだったことも思い出しました。
 
首都圏の営業部に居た頃の私には、達成できそうでできないくらいスレスレの事業目標がいつもおりてきて、そのときはそれをピークに感じます。しかし、翌Q、翌年には、さらに高い目標がおりてきて、ピークがいつも向上しているのです。仕組みとして勝手に、そしてその仕組みになれた自分は勝手にピーク向上思考が備わっていました。
 
ピークが上がっていくからこそ、強くなるのであり、
ピークを超えていくところにこそ、本当の成長があることを叩き込まれました。
よく、「現状維持は退化」なんてことを言われましたが、本当にその通りです。
 
あらゆるエコシステムは常に進歩しているので、
現状維持はつまり、進化に遅れをとっている状態なのです。
少し、話しがそれましたが・・・
 
 

まとめ

今日の自分をピークに持ってくることでのみ、
昨日までの自分を超え、明日の自分をさらに前進させることができるのです。

そんな毎日こそが、新鮮で刺激的な体験にあふれかえるのですね。
 
だから、「今」を常にピークと捉え、前のめりに事業を突き進めていこうと思いました。
そういう気概をもってして、事業を成長させていこうと。
会社も、プロダクトも、個人も、そんな気概をもって30代も生きていこうと強く決めました。
 
 
ピークは今だぜ、と。胸を張って言える人生にしていきます。
 
 

定番のおまけ

高い技術力でreluxを支えてくれるエンジニアメンバーを絶賛募集中です!
 
弊社では引き続き、reluxをシステムから支え、日本の魅力を世界中に発信してくれるエンジニアスタッフを募集しています。
新しい技術を徹底的に追求し、経験豊富な中途採用メンバーで構成されている会社です。エンジニア職は幹部から、マネージャークラスまで幅広く募集していますので、まずは是非いちど、ライトにお茶でも飲みにいきましょう!
 
 
3月24日から、3倍以上広くなった新オフィスで始動開始です!(移転案内
 
 
Wantedly:日本の魅力を、あなたの技術で世界に伝えませんか?三領域で募集中!