人や事業が切磋琢磨するということ。

切磋琢磨という言葉をいつも何気なく使っていましたが、
語源を調べてみたら、なるほどと思ったのです。まぁそのまんまなんですが・・・
スタートアップ経営には、大変通じる言葉なのではと感じました。
 
 

意味

学問や人徳をよりいっそう磨き上げること。
また、友人同士が互いに励まし合い競争し合って、共に向上すること。
「切」は獣の骨や角などを切り刻むこと。
「磋」は玉や角を磨く
「琢」は玉や石をのみで削って形を整える
「磨」は石をすり磨く意。
 
出典:http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/idiom/%E5%88%87%E7%A3%8B%E7%90%A2%E7%A3%A8/m0u/
 
 

増えていない

「向上しあう」とう意味を持っているのに、
加えたり、足したり、増やしたりといった言葉を一切含んでいないのです。
 
今は、会社の経営でも、機能の設計でも、デザインでも、
「引き算」をとにかく大切にしています。
どこまで削ぎ落とせるかに命をかけて、細部に集中しています。
 
切磋琢磨という言葉は、すべてが削ぎ落とすための活動の一部です。
切って、研いで、叩いて、磨く。素晴らしい言葉です。
 
 

切磋琢磨しあうということ

人同士で切磋琢磨しあうということも、奥が深いことばです。
切り合う、研ぎ合う、叩き合う、磨き合う。
「共に向上」という柔らかい意味に翻訳されていますが、
実態は、真正面からガンガンぶつかって、叩き合い、それでも研いで磨きつづける。
 
そう、めちゃくちゃ泥臭い。大変そう。殺伐としている・・・
 
これはまさに、スタートアップのあるべき姿であり、
馴れ合いからは何も生まれないことを教えてくれます。
 
 

まとめ

チーム内での良いぶつかりを常におこない、磨き、1%の改善を積み上げる。
これからもガンガン、チーム内でも切磋琢磨したいと思いました。
 
また、良い競争環境がある旅行業界で頑張っていますので、
早く私も、他社の方々とも切磋琢磨できるレベルにまでプロダクトを成長させ、
業界全体を盛り上げていけるプレイヤーの一員になれたらと思います。
 
 

絶賛採用強化中です!

私たちはいつもあなたからの応募を待っています!
2014年は、一緒に切磋琢磨しましょう。
 
詳細:http://loco-partners.com/recruit