1年間ありがとうございました。

12/27にて、株式会社Loco Partnersは本年度の営業が終了しました。
お世話になった皆々様、本当にありがとうございました。
 
毎年そうではありますが、今年は人生の中でも、もっとも激変の一年間だった気がします。
せっかくなので、1年の振り返りだけ残しておきたいなぁと思います。
そう、自己満ブログです・・・
 

 

1月

株式会社Loco Partnersはまだ5名程度の所帯で、ただひたすらにreluxの準備をしていました。
完成がいつになるのか見えずに、ポジティブともネガティブとも言えない、
なんとも不思議な空気感のなか、部活動のような雰囲気の中、頑張っていたように思います。
 
まだプロダクトがないながら、年末から年始は、資金調達にも帆走していた頃でした。
 
 

2月

ここからは毎月1〜2名程度人が増えていきます。
それまでエンジニア一名だった体制が二名になったのは、大きな大きなチェンジでした。
 
現在のイタリア街へ、オフィス移転したのもこの時期です。
今までのシェアオフィスから、ようやくちゃんと会社として立ち上がった気がしました。
まだガラガラでしたが、感慨深いものでした。
 
この頃になっても、reluxの最終系は固まっておらず、どうしようどうしよう。
と、ひたすら悶々と悩んでいたように思います。
答えは見えないなか、あらゆる決断を、数十、数百とバサバサしていました。
 
 

当初のロゴ案とデザイン案

デザインやコンセプトは、私がひたすら無理を言い続けて、
細かな行ったり来たりを、何度も何度もしていました・・・
付き合ってくれた社内メンバーや、Yohey氏、Monopo社などありがとう・・・
 

 
 

 
 

3月

そしてようやく、reluxのティザー&サービスのプレローンチです。
毎晩終電、土日も終夜働き詰めだったのですが、会社自体は悲壮感よりもポジティブな熱量によってものすごく良い雰囲気でした。今なお、PJTごとに定期的にやってきますが、緩急つけて行うプロジェクトマネジメントの型は、この時期に身に付いたかもしれません。
 
資金調達6,000万円のプレスリリースもこの時期でしたし、
旅行業登録が完了したのも、ちょうどこの時期です。
まさに、会社として戦う準備はオールセット状態になりました。
 
 
他方、3月はプライベートですが、披露宴の準備も猛烈に慌ただしかった記憶です・・・。
 
 

4月

さらに、エンジニアメンバーがジョインし、1名が2名、3名となり緩やかながら、補強されました。
reluxも当初想定したようには数値が動いておらず、バグも大量にありながら、悶々とうなる日々。
 
ただ嬉しかったのは、1人、2人と来る感想や感謝の声でした。
クライアントのみなさまにもとにかく応援して頂き、それだけが救いだったように思います。
 
また、披露宴も開催させていただき、二次会あわせて200名以上の方に参列頂き、
仕事もプライベートも、本当に多くの方に支えて頂いていることを実感できた、素晴らしい春でした。
 
 
浅草の街を人力車で運ばれるのは恥ずかしかったわけですが、本当に良い想い出です。笑
  
 
 
 

5月

ここからreluxが一気に、前に進みだした気がします。メディアでも多く取り上げて頂いたり、会う方々に「いいね」と言って頂いたり、また、WIT というアジア最大の旅行カンファレンスでも優勝させて頂いたり、少しばかりの「チヤホヤ」シーズンに入りました。
 
が、実態の数値はまだまだ大変厳しいもので、
表の姿と、裏の数値とが完全に不一致しているシーズンであり、なかなか辛い時期でもありました。
そんな中、仲の良かった同僚や素晴らしい先輩方にもたくさん助けていただき、様々な視座を得ることもできました。
 
こんなブログを書いていたり:土俵を変える
 
 
結局のところは、まわりに流されることなく、
ただ純粋に、やるべきことをやり続けるしかないと知りました。
 
プライベートでは、自身で初めてreluxを利用!
夫婦で、落合楼村上(伊豆)さんや、
祖父母を連れての家族旅行では、稲取温泉 浜の湯さんへ泊まるなど、公私ともに充実。
 
 

6月

一応、会社の期末ということで、みんなで民宿ハッカソンを開催しました。
総勢10名弱で合宿をし、各自のパートを徹底的にやりきったイベントでした。
二泊三日という限られた時間の中で、数多くの決定をし、今なお活きる会社としての土俵が出来上がった気がします。
 
開発チームは、開発が終わらなかったという残念な結果だったので、
また次回に期待をしたいと思います。笑
 
 
942805_10100817303668963_80134399_n
▲踊り子号でミーティングの絵。笑
 
 

7・8月

reluxの予約が徐々に増え始めてきたシーズンで、見えていなかった新しい壁がまた現れて、
例によって、また悶えていた気がします。(今年はいつも悶えてますね・・・笑)
こんなブログを書いている・・・私たちが提供するバリューは何なのか。
 
さらに、7・8月は社員も2名増えました。
待望の二人目の営業マン!そして、デザイナーです。
二人とも最前線で、新卒から約6−7年も勤めてきた会社を離職してのリスクあるジョイン。
 
最高に頼もしく、そして新しい風を吹かせてくれました。
 
そう、この頃くらいから、遠回りしてきましたが「会社」になった気がします。
中途半端なことは一切やめて、本気で投資をしていこうと思えた時期でした。
 
会社イベントでは富士山に行ったり、
義父・母などみなさまで湯主一條さん(宮城)に宿泊へいったりと、こちらもまた充実しました。
 
 

9・10月

シンガポールでのWITや、海外事業社とのMTGなどが立て続けにはいったり、
また、国内での事業提携や、新しい取り組みなどの動きが急加速した時期でした。
英語もビジネスでは到底通用しないため、早朝プライベートレッスンをスタートした頃合いです。
 
メンバーもスタッフ3名ほどがさらに増員され、
バックオフィスの布陣もばっちりになってきました。
 
 
プライベートでは、ハネムーンにてハワイ島に行き、久しぶりの休暇も満喫しつつ、
一気に、グローバルな情勢を肌身に感じられた秋の始まりでした。
休みとは言え様々な体験を得ることができ、大変充実した夏の終わりです。
参考:C to C ビジネスの1.0と2.0について考えてみた
 
 

11・12月

施策を打ってから、実際に旅行へいくタイミングが早くても3ヶ月後くらいなので、
およそ四季にあわせたサイクルでreluxが成長しているのかもしれない、と感覚的に気がつきました。
12月の単月でも、全数値がギネスを2倍程度更新するという結果になれたのは素晴らしいものでした。
 
しかし一方で、一歩間違えれば最悪な結果となってしまうようなトラブルも起こってしまいました。
今でこそ、予約が毎日たくさん入るようになってきましたが、一つ一つが大切な旅行というイベントをお預かりしているのだと、改めて全員で徹底して意識し、サポートをしていきたいと思わせて頂ける出来事でした。
 
reluxについても、いままで目立った改修をしていなかったのですが、この時期は一気に進めました。
会員制の仕様変更、クーポン、トラベルカルテ、BTM領域、全ページのUX見直し、分析体制見直し、、etc
いろいろとチャレンジングな打ち手をうち、改善のサイクルを回転させ始めています。
ようやく、真に使いやすいサービスになってきたと思います。
 
また3ヶ月後くらいには、バリューを発揮してくれると信じています。
 
12月にはIVSというイベントにも初めて参加させて頂き、
未熟さを実感するとともに、グローバルの近さを改めて感じるに至りました。
その日初めてお会いした多くの方とも今なお接点を持たせてもらえ、最高にエキサイティングな機会となりました。
 
 

まとめ

正直、成長速度が遅すぎるくらいで、課題も引き続き山積しておりますが、
振り返ってみて思うことは、本当にたくさんの方に支えていただいた一年でした。
カスタマーの皆様、クライアントの皆様、会社のメンバー、内外パートナーの皆様、
たわいのない話しから、事業ディスカッションまでしてくれる友人や先輩方々、そして、家族にも。
 
社内だけで完結できたことは、ほとんどありませんし、
一つ一つの点が、どなたかにサポートいただいた出来事ばかりだなぁと思いました。
 
 
一年間お世話になったみなさま、心から感謝しております。
本当にありがとうございました!
 
 
ということで、みなさま、良いお年を!
 
 

おまけ

株式会社Loco Partnersは2014年度も採用を大幅強化いたします!
地方をひたすら巡業する企画営業職、広告代理店のAd運用担当者の方、
iOS developer, Android, サーバーサイド/フロントエンジニアなど、
是非とも、2014年、一緒に戦いましょう!
 
詳細:https://www.wantedly.com/companies/lcp