卒業を応援する会社は、良い会社だと思ったお話し。

毎度のことながらとてもバズっているのですが、
ジェイ引退のお知らせ」というエントリーを見て、
同社のことはよく存じ上げませんが、直感的に、「本当に良い会社なのだろうなぁ」と、感じました。
 
それはずばり、卒業する人を応援しているからです。(しかも全力で)
 
この引退についてのブログエントリーを見てやや確信に変わったのですが、
卒業する人を応援する会社は、ほぼ例外無く素敵な会社であると思いました。
 
本文参照:(社長からのメッセージ)

〜中略〜
これまでLIGの顔として大活躍をしてくれたジェイ。彼無くして今日のLIGは無かったと思います。今回の退社は、そんな彼が悩みに悩んだ末、たどり着いた結論です。社長として、そして1人の友人として全面的に応援し、快く送り出そうと思い、LIGらしく「退社」という今回の記事にまとめさせていただきました。

 
大げさかもしれませんが、同じ経営者としては、ジーンとしました。
色々な面から、失うことはとても辛いはずなのに、遥かに感謝(恩)への思いが上回っています。
(前段のギャグ、ワンピースシーンのパクリは彼らなりの照れ隠しなのでしょうか・・・。)
 
 

 

個人と組織の成長バランス

組織の思いからしたら、正直、優秀なみんなにはいつまでもずっと会社に居て欲しいわけですが、
個人のビジョンややりたいことの延長に、会社のビジョンや環境がずっとあるわけではなく、
いつか、どこかのタイミングで、やり切った人ほど、そういう日が訪れるものなのだと思っています。
 
自分でこんなことを言うのは、おかしな話しかもしれませんが、
会社は単なる箱なので、うまく活用して、メンバー全員が圧倒的に成長を遂げて欲しいと感じています。
ここでいう成長とは、「市場価値の高い人間になること」です。
 
では、「市場価値の高い人間」とはどんな人か、
それは、いかなる環境下でもきちんとバリューを発揮することが出来て、
市場にも認められた人を指すのではないでしょうか。
 
市場価値の高い人間になるための努力をするのは、もちろんメンバー個人ですが、
そうなりやすいような環境整備、制度設計をするのは組織の責務です。
 
 

卒業するとき

組織も個人も常に成長しているので、”居心地”は良くも悪くも常に変化し続けるものです。
 
個人の成長速度に、組織の成長速度が追いついていなかったり、
成長したことによってその個人の視座が変わり、夢ができたり、新しいチャレンジをしたくなったりと、
それは人間である以上、致し方ないものなのだと思っています。
 
組織は個人の成長にもあわせて成長し、アメーバのように形を変える努力をしますが、
それでもなお、100人居るメンバーにあわせることは難しく、どうしても新陳代謝が起こります。
 
なので、市場価値の高いメンバーを育てるのに、
誰も卒業しないというのは自己矛盾してしまいます。
 
 

誤解

但しこれは、安直なジョブホッピングを支援するという意味ではありません。
あくまで、なんらかの強い意志のもとに決断をしたメンバーを全力で支援をしたいということで、
困難から逃げたり、遠ざかるために居なくなってしまうような場合は、そうではありません。
 
経営者や上司によっては、
「こんなタイミングで辞めるなんて責任がない」などと思ったり、何か不機嫌になる人もいそうです。
しかし、そのタイミングは単なる経営者の都合であり、次への一手、好機というのは本人が決めるもの。
当人の好機=経営者の好機なんて、ほとんどありませんし、ありえません。
 
だからこそ、そうした難しい苦渋の決断をする個人を応援したい。
多少タイミングが悪くても、次のステージ、その選択をした彼らの支援は、
今までの恩を返す上で、私たちができる最後の感謝なのではないでしょうか。
 
そういう観点から、「ジェイ引退のお知らせ」というエントリーは、
ものすごく思いが込められていて、素晴らしい会社だと思ったのです。
 
 

まとめ

まだまだ弊社も10人未満の少ない人数でやっていますが、
今居るメンバーは全員、年齢も職種も関係無しに、こうして外から引き抜きにあうくらい、
圧倒的な市場価値を持つまで成長してもらいたいと、心からそう願っています。
 
いつか、当人がやりきって、本気の決断をしているならば、
メンバーの選ぶ道については、全力で支援をしたいと思うのですね。
そう、私に対して、リクルート社がしてくれたように、
弊社も寛大に、いつかあるだろうポジティブな卒業は、心から応援したいと思いました。
 
 
頑張った点ほど、いつか線になるものです。
 
 

おまけ:採用活動中です

トラベル関連事業を展開している株式会社Loco Partnersでは、
UI/UXを考えながら一緒に頑張ってくれる、伝説のwebデザイナー兼コーダーの方と、(あれ・・)
relux(リラックス)の推進に本気になれる営業職(宿泊予約サイト経験者は尚可)とを、絶賛募集中でございます。
 
是非、気になる方は、採用情報もご一読お願いします〜!
 
株式会社Loco Partners 採用ページ:http://loco-partners.com/recruit
Loco Partners社の雰囲気についてはフォトギャラリーをどぞ!