生きる上で必要不可欠なデジタルツール&サービスをまとめてみた。

生きる上で不可欠なデジタルツールですが、ちょっとこの(→13 technologies I can’t live without)エントリーを見て、「自分にとって、必要不可欠なデジタルツールはなんだろう?」なんて思ったので、せっかくの機会なのでまとめてみました。(順不同、思いついた順です。)必要不可欠という言葉は侮ることなかれ、本当に心の底から、「これがないと死ぬかも!」くらいのものだけをピックアップしています。
 
みなさんも、もしよければ、コメント欄か、twitterの@shinojapan宛に、愛用しているデジタルツール(=これがなきゃ死ぬ!)を教えていただけると嬉しいです。

 

1.iPhone 3GS

 

定番からですいません。もう、彼がいないと生きていけません・・・
電話とメール(含:gmail)という基本機能から、アウトルック⇔google calendarのスケジュール同期により、紙の手帳を棄てられました。iPodも持ち歩いていませんし、自分の収入/支出の管理(PLの作成)、タスク管理、データ持ち歩き、camera→flickr、twitterのinput/output、RSSからの情報収集、wordpressの編集、和英・英和辞書、目覚まし、ブラウジング、、、全て、これ1台です。パソコン触る時間が、激減した割に、情報感度は圧倒的に上がりました。
参考:iPhone 3GSを購入したら直ちに設定したい10ポイント
 

2.google reader

 

分析機能や、rss管理ツール(star, share)など、シンプルながら非常に便利なものが多いです。また、iPhone appsとの同期性能なども、その他の国産RSS readerと比較しても、ずば抜けて高いです。これからも、google readerから乗り換えることはないと思います。ちなみに上記画像を見て、ピンと来た方はかなりのマニア。コナミコマンド入力で出る、裏画面ですよ。w 
コナミコマンド: ↑ ↑ ↓ ↓ ← → ← → B A をgoogle reader上で入力すると・・・。
参考:今すぐできる!Googleリーダーなど、RSS管理を効率アップする方法 
 

3.google docs

 

google 続きですいません。最近、いかなる種類のファイルもアップできるようになり、オンラインストレージとしても活かせるようになりましたね。友人間での情報共有は、破格に便利です。エクセルを添付して、【こちらが最新版です】なんてメールが飛び交っていたのが、アホらしくなってしまいます・・・。情報セキュリティの観点から、社内では使えないのですが、今後、うちの会社もgoogle appsいれてくれたら嬉しいですね。office 2010からは、ブラウザベースのword, excel, powerpointが動くみたいですが、果たしてgoogleがその時までにどの規模になっているか・・・。
参考:【Office 2010】クラウドコンピューティングは新時代へ
 

4.flickr

 

これは、書こうか迷ったのですが、もう必須ツールになりかけています。写真共有サイトのFlickr。(そもそも写真が実は趣味なのです・・・)
1.写真を撮る→2.SDカードに保存→3.パソコンに転送→4.友達に共有
という作業が従来のスタンダードだったと思いますが、大抵のケースで、『4.友達に共有』までいかず、途中で終わってしまうことがありました。(「後で送るね~!」といって来る確率は10%位じゃないでしょうか?笑) ということで、現在は、iphoneで撮影→その場でflickrにアップロード で、終了です。友人への共有も、メールでURLを送れば完了です。proアカウントを取得すれば無制限なので、便利です。
参考:My flickr account
 

5.Lastpass

 

これは、僕にとっての『神器』に認定されてます。lifehackerなどの有名ブログで度々取り上げていて、導入したところ、信じられないほど効率が上がりました。機能はシンプルで、マスターパスワードとログインIDを設定すると、以後、パスワードが必要なサイトには全て自動でログインしてくれるというツールです。もちろん、クラウドベースなので、家でも、会社でも、一度記憶したものはサーバー上で保存されるため、常に同期がとられていますよ。chrome対応ツールバーも昨年末にc/oしたので、むちゃくちゃ重宝してます。
情報セキュリティ上良くないと思いきや、マスターPWなどを強化すれば全く問題ありません。(多分)海外の著名人が多く使っているあたり、勝手に安心してます。
参考:『LastPass』がGoogle Chromeでも使えるように(lifehacker)
 

6.terapad

 

▲画像出典:http://yumehirox1.blogspot.com/2009/03/terapadhtml.html

通常のメモ帳のシンプルさはそのままにして、ソースコードをいじりやすくしてくれた画期的なアプリケーション。背景色、表示内容・項目をカスタマイズできたりするので、自分仕様にできます。ホームページを作る機会のある方、システム開発される方、特に、手打ちでガリガリ書いちゃうような方には非常にオススメです。
参考:terapadダウンロードページ
 

7.Hrathnir(ラスニール)

 

ランチャーソフトです。これもまた、見違えるほど効率が上がるツールの一つ。全てのPCにインストールしています。Alt+Ctrlで起動→ 【1~10】 × 【AからZ】 までのキーを割り振れるので、かなり色々な動作を快適に実行してくれます。ブラウザの起動、Office関連の起動、アクセス頻度の高いフォルダやファイルやサイトなど、全てラスニールに設定していますので、3秒で『目的地』にたどり着きます。UIもおしゃれで格好良いっす。
参考:Vector Hrathnir(ラスニール)
 

8.iBearMoney

 

iPhone の財務管理アプリケーションです。むちゃくちゃ高機能ながら、2タッチで支出登録ができるなどのシンプルさが気に入っています。日別、週別、月別管理はもちろんなのですが、カスタマイズ期間というものもあり、自分で設定した期間での収支を確認できます。今年から使い出したのですが、すでに、これのお陰でコストが抑制されており非常に助かっています。export機能もあるので、乗り換えも検討していますが、当面はこちらのアプリで収支管理していこうと思います。(使い出してから1週間くらいは、高機能過ぎて意味不明でした・・・。)
 

9.Wordpress

すでに、御存知かと思いますが、これは革命的なアイテムでしたね。CMSの中で絶対的な地位を築いた彼の存在を知ったのが、07年春、導入が07年夏、それからずっとお世話になっています。単なるブログツールと思いきや、コミュニティサイトからECサイトまで構築できちゃうところが凄いっす。無料とは信じられません。1登録、5万円までなら払いますよ!(意外と安い?) 06年頃から「熱い熱い」騒いでいたgeekbe管理人の、流行アンテナには感動です。下記のブログは同様に、Wordpressで稼働しています。
参考:Geekbe.com
参考:篠塚 孝哉 official website | our world
 

10.Social Bookmark Service

ここだけあえて大分類にしましたが、deliciousとdiggとは相当活用させてもらっています。このサービスは、情報ストックと、情報収集という二面を持ち合わせています。ストックに関しては(そのままですが)、ローカルな環境を横断してweb上にブックマークが保存できる点が便利すぎます。いつでもどこでも、アクセスできるのは本当に素晴らしいっす。また、情報収集という側面ですが、特に海外サイトなどは毎回全ての記事に足を運んでいては、時間がいくらあっても足りません。SBS上で話題になったものをザッピングすることで、効率良く情報収集が可能になるというところです。
 
 

最後に・・・

ザザっと書いてみましたが、色々とサービスを紹介している割に、偏っているな、という客観的に思いました。結局のところ、これらのツールの重要な点は、何を使うか?よりも、どうやって使うか?という点に帰結することが分かりました。だからこれからも、『どう使うか?』を意識して、効率良く活動できたらと思いました。
繰り返しになりますが、みなさまも、もしよければ、コメント欄か、twitterの@shinojapan宛に、愛用しているデジタルツール(=これがなきゃ死ぬ!)も教えていただけると嬉しいです。それではこの辺で!