「日本記念日協会」申請が承認されれば、自由に記念日が作れるらしい。w


これは、ネタではなく、本物の記念日が作れるというものです。よく、メディアや、話のタネ、カーナビをつけた時。w などに、「今日は、ナットーの日です。」とか、「今日は、ハサミの日です。」とか、耳にすることなどあると思うのですが、なんとこれらの日を、自ら作ることができるという事実を先ほど偶然知りましたので、勢いでご紹介です!
 

概要(日本記念日協会ホームページより抜粋)

・目的(日本記念日協会の存在意義)
記念日と呼ばれる日が年間で数千日もあるなか、伝統行事から生まれたもの、企業によるPR目的の記念日など、様々です。しかし、今まで総合的に記念日を取り扱う機関・団体がなく、記念日の情報が誤って伝えられたり、せっかく記念日を設けても広く一般に浸透しないなどのケースが少なくありませんでした。そこで、それらの情報を一元管理・運用するべく、日本記念日協会が設立されたそうです。
 
・申請方法、書類
こちらからダウンロード可能。(pdfが起動します)
項目は、名前、住所、連絡先、websiteURL、記念日名称(英文・和文)、記念日日付、記念日の由来、記念日のイベント概要、などとなり、A4用紙1枚のみとなっています。具体的な診査日数や、基準などは見当たりませんでした。
 
・コスト 
日本記念日協会の記念日登録料は、1件7万3500円(税込み)
記念日登録証は、別途1件1枚につき3万1500円(ガラス面の額入り/税込み/送料込み)
 
・登録するメリット((こちらより抜粋))
1.日本記念日協会サイトに協会認定として、名称、日付、由来、リンク先などが掲載。
2.日本記念日協会発行の「月刊・記念日情報」に掲載される。
3.登録された記念日をオフィシャルに使用する際、「日本記念日協会登録済」と書ける。
 
と、こんな感じになります。
企業でも、個人でも、ちゃんと由来がしっかりしていれば登録できるそうなので、ブロガー数名集めて何か記念日を作ったり、友人数名で作ったり、会社で作ったりと、色々面白そうです。試したことのある方がいらっしゃったら、是非教えてください。
 

日本記念日協会

日本の記念日を管理してくれる協会