私たちが提供するバリューは何なのか。

夏というシーズナリティもあって、近ごろ大変多くの方にreluxをご活用いただき、
まだまだ機能的にも未熟なサイトではあるものの、徐々に、サービスらしくなってきた気がします。
 
残念ながら大きな失敗も何度か起きてしまい、悔しい思いをすることも、
有り難く嬉しいお声に舞い上がることもありながら、毎日みんなでがんばっています。
 
 

いきなり現れる課題。つぶす人。進化するサービス。

今までとは違ったサービスフェーズに突入すると、例外無く、
想定していなかった大きなトラブルや、大きな課題がみんなの前に現れます。
それを一つづつ潰しては、サービスが進化していく。最近は、そんなスパイラルに入ってきました。
 
潰し方が分からない、見た事もない課題がわんさか出てくるゆえ、
常に、思考も行動もオーバーヒート状態です。
 
この全員がこんなトランスしているような状態が続いていると、
ポジティブに言えば、全員一丸に、がむしゃらに壁を乗り越えている感があるのですが、
ネガティブに捉えると、ただただ目の前の課題潰しに奔走、踊らされてしまっている状態でもあります。
目の前にタスクがたくさんあり過ぎて、それ以外のことを考える思考キャパがなくなるのですね。
 
そんな時こそ、ふと一歩立ち止まり、大切にすべきこと。
「私たちが提供するバリューとはなんなのか?」 ということを思い返すべきなのだと、最近、とても思います。
当たり前のことなのですが、重圧があればあるほど、その本質的な部分を見失いがちです。
 
 

私たちが提供するバリュー

私たちがreluxを通じ、カスタマーの皆様に提供するバリューは、
「満足度の高い一流旅館に、1)驚くほど簡単に出逢え、2)特別な体験ができること」 なのだと、
最近、様々な声を頂くにつれ、感じるようになりました。
 
 
目先のKPIやmissionの達成なんかよりも、(※)遥かに大切なことなのですが、
KPIなどを重視するあまり、提供バリューを見失ってしまうことがままあります。
※目先のKPIは是が非でも達成するわけですが・・・
 
 

1)驚くほど簡単に出逢える

テクノロジーを駆使しつつ、アナログな方法も取り入れて、
reluxは次世代型の宿泊予約サイトを目指しながら、このユーザー体験を大切にしています。
 
既に、サイトを使っていただいている方にはお分かりかもしれませんが、
他の宿泊予約サイトではなかなか出逢うことができなかった旅館に、(または出逢いづらい)
必ず、ワンクリック。一回の検索ボタンを押すだけで、出逢うことができます。
 
reluxは既に、日本で一番、一流旅館に出逢うのが簡単な宿泊予約サイトだと思っています。
こればかりは、もう、どこにも負けません。
 
また、検索だけで不安があれば、コンシェルジュサービスも利用できます。
これは、機械では解決しづらいかゆい問題を、人力で解決する機能です。
一つ一つのご依頼に対し、同行者はどなたか、どういう目的の旅行なのか、好みは何か。というところをメンバーみんなで整理し、考え、どうすればその方の旅行が素晴らしいものになるのか、一生懸命考えて、ご提案をさせていただいています。
 
「海が一望できて、気持ちよく温泉に入れる宿に泊まりたい」
「都心から2時間以内ならどこでもいい。結婚記念日に、妻を喜ばせたい」
「子どもが生まれる前の最後の夫婦旅行。どこか特別なプランはないか?」
 
こんなニーズに応えるには、まだまだプログラムは追いついていません。
 
 
この「驚くほど簡単に出逢える」というものは、
これからもreluxが大切にしなければならない一つ目の提供バリューです。
 
 

2)特別な体験ができる

二つ目の提供バリューは、「特別な体験」です。
サービスローンチ時に想いを綴らせていただいたのですが、
「旅行という体験全体をデザインし、より満足いただくこと」も、とても大切にしています。
 
インターネットで予約するまでの体験がどんなに素晴らしかったとしても、
実際の旅行という体験が素晴らしいものでなければ、全くもって意味がありません。
 
そうなるように、厳選された旅館の社長さんなどと徹底的にお話しをさせていただき、もっともお得な価格で宿泊ができることに加えて、クローズドな会員制サービスだからこその特別なサービスやおもてなしなどをお付けいただいています。
 
・通常は予約することのできない特別客室に泊まれたり
・本当は一人受け入れ不可の旅館に、一人旅へ伺えたり
・relux限定の特別な料理コースをご用意いただいたり ・・・・etc
 
 
こういった交渉を通じて、旅行という体験をより満足のいくものになるよう、
わたしたちが直接カスタマーの方に提供できない部分を、裏側からカバーしています。
これが、他社にはマネすることができない、素晴らしい旅行体験の提供につながり、
メディアとしてのバリューに繋がっていくものだと、確信しています。
 
 
もちろん、この特別な体験を提供するには、普通にやるよりも遥かに時間もかかり、
課題も山積している大きな問題だったりもするわけですが、KPIである数を追い求めて省力化しすぎてしまうと、
やはり、提供したいバリューから反れていってしまうと感じました。
 
 

まとめ

なんだか脈略なく、朝のテンションで熟々と書いてみましたが、
目の前の課題つぶし、サービスの進化にはこれからもがむしゃらに取り組みつつも、
この基本的な提供バリュー。ここは絶対に忘れない。ぶらさないこと。
 
誰がなんと言おうとも、そして、短期的なKPI、利益、効率化を無視してでも、
今は一つ一つ、みなさまの大切な旅行体験をより良いものにするという、
本質的なカスタマーバリューにのみフォーカスし、これからもサービスを創っていこうと思いました。
 
 
旅行というかけがえのない特別なオフを、
もっともっと、幸せで満足度の高いものにしていくべく、全力でやりたいと思います。
relux号は、まだまだ走り出したばかりです。
 
 

relux号の仲間を絶賛募集中です

エンジニア、営業、企画、アルバイト、インターン生、全面的に募集中ですー!
新しい環境を探しているみなさまも、ちょっと気になるみなさまもどうぞ!
詳細はこちら:http://loco-partners.com/recruit


Loco Partners 第二期末を迎えて。

今日はLoco Partners 第二期末でした。創業してから早くも1年半ちょいです。
ひとえに日頃から応援してくださる皆様のおかげです。
心から御礼申し上げます。
 
思い描いていた姿からは、ほど遠いものですが、
とにかく様々なことにチャレンジしながら、たくさんの経験を積ませて頂きました。
出会い、挑戦、失敗を繰り返しながら、とにかく走り続けた1年でした。
 
会社やメンバーも着実に成長していますが、課題の大きさも成長していて、
乗り越えても乗り越えても現れてくるこいつを、
今度はどうやって退治してやろうか! と、いつもみんなで戦っています。
 
諦めてしまいそうなボス級も実際、何度か現れたんですが、なんとかなる事も分かったので、
今では、「はいはい、また来たんですね。」と、受け入れる力もついてきました。笑
 
 
そんな弊社も、週明けの月曜日からは、第三期に突入します。
 
 
第三期目は、relux事業に集中し、
今まで以上に、「旅行者」と「日本の素晴らしい旅館」との架け橋になれるよう、
全身全霊、邁進して参ります!
 
 
ということで、これからも変わらずよろしくお願いしますm(__)m
 
 
・追記
夏の予約がまだの方、そろそろ旅館でリラックスするご準備を。笑
relux : http://rlx.jp


Loco民宿合宿(ハッカソン) 2013 @こまどり荘

942805_10100817303668963_80134399_n
▲踊り子号でミーティング。笑
 
 
6月7日から2泊3日で、
弊社メンバー+入社予定の社員8名で、民宿ハッカソンを開催してきました。
思えばメンバーのT氏と飲みながらの発案が、結果的に素晴らしい機会となりました!
 
場所は、旅行業界なら知らない人はいないのではないでしょうか。
伊豆は伊東の民宿「こまどり荘」です。笑
 
じゃらんではなんと、クチコミが100件近くあるにもかかわらず、
総合評価が4.8点と、5点に限りなく近い、スペシャルで稀有な民宿です。
最高に暖かいおもてなし、海の幸を堪能できます。
 
ホームページ:http://ito-komadorisou.com/
じゃらんクチコミ:http://www.jalan.net/yad343074/
 
 
ご主人、女将さん、本当にありがとうございました!
 
 
つづきを読む



第一回 高級旅館経営者様の集い(仮)


宿泊予約サービスのreluxを始めてからというもの、
データとばかりにらめっこする日が多くなってしまっていたのですが、
昨晩は日本を代表するような旅館経営者様らと、初めての交流会を開催いたしました。
 
ご存知の方が居たら驚かれるような、
各エリアを代表する皆々様にお集り頂けたことがとても嬉しく、
改めて、この事業に情熱を捧げていきたいと思える、そんな素晴らしいイベントでした!
 
 

ご参加頂いたみなさま

西村 総一郎 様(兵庫 城崎温泉 西村屋)
三橋 弘喜 様(三重 ばさら邸)
一條 達也 様(宮城県 湯主一條)
鈴木 良成 様 (伊豆稲取 浜の湯)
石井 盛志 様(茨城県 里海邸)
久保 英弘 様(群馬県 仙寿庵)
金谷 譲児 様(鬼怒川金谷ホテル)
西村 百永 様(伊豆 アルカナイズ)
横山 京子 様(宮城県 松庵)
桜井 大樹 様(赤倉観光ホテル)
(順不同で失礼致します。)
 
 
また、会場をご提供いただいた西洋銀座の総支配人である戸張様、
支配人の細井様にもお越し頂き、お話しをいただけました。
本当に、今月末の閉館が惜しまれる、素晴らしいホテルを愉しませて頂きました。
 
 
旅行者の方を大切にもてなすという、暖かくも熱い想いに触れながら、
私自身、ますます、宿という日本文化が大好きになりました。
時代を超えても変わらない良さ、おもてなしを心底感じました。
 
 
皆様、本当に、素晴らしい一日をありがとうございました!
 
 
また、relux(リラックス)では引き続き、
満足度の高い高級旅館様のみを厳選してご紹介して参りますので、
是非、みなさまにもご利用を頂けましたら幸いです。
 
かくいう自分も初めて、明日、reluxを使って旅行へいってきます。たのしみ。(笑)


Startup-Datingにてrelux(リラックス)をご紹介いただきました。


 
エントリーが大変遅くなりましたが、
いつも見ているメディアに紹介されるのは、とても嬉しいことでした!
取材いただきました。三橋さん、素敵な記事をありがとうございました。
 
参考:顧客満足度を保証する日本旅館のオンラインマーケットプレイス「Relux」
English ver: Relux: A satisfaction-guaranteed online marketplace for Japanese inns 
 
 

一部抜粋

以下のように、すごく分かりやすい表現でサービスをまとめて頂けました。
取材頂き客観的にまとめて頂けることは、私たちにとってもすごく勉強になります。
THE STARTUPの梅木さんの記事でもそうだったのですが、
「おぉ、こう見えていたのか」といった観点は有り難い限りです。
 

まず最初に、30歳から40歳代のユーザが中心の会員限定のサービスであること。その多くは医者、弁護士、エグゼクティブなどだ。ユーザは会員登録の申込みをし、Facebookから取得される大学やキャリア経験などの情報をもとに審査が行われる。会員になる確率は20%。
2つ目に、Relux上のすべてのオファーは、どこよりもお得なベストレート保証であること。競合他社に類似プランが存在した場合でも、Reluxの方が必ずお得だ。
また、単純にハイクラスな宿泊施設に特化しているということではなく、あくまで宿泊顧客の満足度を軸にホテルや旅館を厳選している。そのため、万が一満足できなかった顧客には宿泊料金が返金される。こうした顧客満足度保証のポリシーは業界初だという。

 
 

期待は裏切れんぜよ・・・

あの手、この手、その手。
ありとあらゆる課題に対して、様々なことを実施しながら、
一歩一歩前に進んでいる感じがあります。
 
今はまだ、打率を意識するよりも、
ひたすら打席に立ちまくって、空振り三振も許容するスタンスでいきたいとおもいます。
 
何より、
課題山積なこんなサービスにも関わらず、多くの御宿様や、
多くのカスタマーの方にご利用頂いておりますので、
より素晴らしい旅行の提供ができるようリソースを集中して、頑張っていきます。
 
集客や開発面については、
効果見立てよければ本当に何でもやりますので、営業の方からのご提案もお待ちしてます。
 
 
みなさま、これからもどうぞ、よろしくお願いします!
 
 
サービスへのご意見や、予約がしづらいなど問題がありましたら、
個別にお問い合わせを頂けますと幸いです。