service

Startup-Datingにてrelux(リラックス)をご紹介いただきました。


 
エントリーが大変遅くなりましたが、
いつも見ているメディアに紹介されるのは、とても嬉しいことでした!
取材いただきました。三橋さん、素敵な記事をありがとうございました。
 
参考:顧客満足度を保証する日本旅館のオンラインマーケットプレイス「Relux」
English ver: Relux: A satisfaction-guaranteed online marketplace for Japanese inns 
 
 

一部抜粋

以下のように、すごく分かりやすい表現でサービスをまとめて頂けました。
取材頂き客観的にまとめて頂けることは、私たちにとってもすごく勉強になります。
THE STARTUPの梅木さんの記事でもそうだったのですが、
「おぉ、こう見えていたのか」といった観点は有り難い限りです。
 

まず最初に、30歳から40歳代のユーザが中心の会員限定のサービスであること。その多くは医者、弁護士、エグゼクティブなどだ。ユーザは会員登録の申込みをし、Facebookから取得される大学やキャリア経験などの情報をもとに審査が行われる。会員になる確率は20%。
2つ目に、Relux上のすべてのオファーは、どこよりもお得なベストレート保証であること。競合他社に類似プランが存在した場合でも、Reluxの方が必ずお得だ。
また、単純にハイクラスな宿泊施設に特化しているということではなく、あくまで宿泊顧客の満足度を軸にホテルや旅館を厳選している。そのため、万が一満足できなかった顧客には宿泊料金が返金される。こうした顧客満足度保証のポリシーは業界初だという。

 
 

期待は裏切れんぜよ・・・

あの手、この手、その手。
ありとあらゆる課題に対して、様々なことを実施しながら、
一歩一歩前に進んでいる感じがあります。
 
今はまだ、打率を意識するよりも、
ひたすら打席に立ちまくって、空振り三振も許容するスタンスでいきたいとおもいます。
 
何より、
課題山積なこんなサービスにも関わらず、多くの御宿様や、
多くのカスタマーの方にご利用頂いておりますので、
より素晴らしい旅行の提供ができるようリソースを集中して、頑張っていきます。
 
集客や開発面については、
効果見立てよければ本当に何でもやりますので、営業の方からのご提案もお待ちしてます。
 
 
みなさま、これからもどうぞ、よろしくお願いします!
 
 
サービスへのご意見や、予約がしづらいなど問題がありましたら、
個別にお問い合わせを頂けますと幸いです。


relux(リラックス)オープンにあたり、大切にしたいこと。

 
 
 
ようやく、みなさまにお披露目をさせて頂くことができました。
プレスリリースからも発表させて頂いた通り、
満足度の高い高級旅館だけを集めた宿泊予約サイトrelux(リラックス)をオープンいたしました。
 
実は、先週の3月11日には、静かにオープンをさせていたのですが、
二年前のその日は、自らも起業をしたいと思ったきっかけの日であり、とても感慨深い気持ちです。
 
 
Loco社内の企画、営業チーム、開発チーム、デザインチームはもちろん、
ご賛同頂いた数多くの御宿様や、社外パートナーさん(後述)によるサポート、
構想から完成まで約1年、リソースを総動員した、弊社的には一大プロジェクトでした。
 
そんなプロジェクトも、
まずは、スタートラインである五合目に到着できたことを、とても嬉しく思います。
会員登録もはじまっておりますので、まずは会員申請を頂けますと幸いです!
 
つづきを読む


高級旅館 予約サービス「relux(リラックス)」のティザーサイトを公開しました。


 
 
「地域の活性化に貢献したい」という、なんだか安直な、漠然とした思いをもって創業したのですが、
「より幸せな旅行をたくさん提供すれば良いのか」という、単純な解にたどり着きました。
(弊社のMission Statementは、「幸せな旅行を増やす」です。)
 
「幸せな旅行」とは、満足度が高く、笑顔にあふれ、また行きたいと心から思える旅行なのですが、
旅行の満足度に影響する、極めて大きなファクターの一つに「宿」があると考えています。
 
ということで、私たちは、
この「宿」にフォーカスし、宿泊予約ができるメディアを立ち上げることにしました。
それが今回の、「高級旅館の宿泊予約サービス relux(リラックス)」です。
URL : 「http://rlx.jp

つづきを読む


【その弐】元リクルートのトップ営業マンの見分け方

 
 
ちょっと面白い投稿をお見かけしたので、私も勝手に便乗し、【その弐】とさせて頂きました。まだ、見ていない方は、是非まずはこちらの常見さんのエントリーを!※常見さんは、元リクルート界隈でも、非常に高名な方で、私も存じ上げております。
リンク:「元リクルートのトップ営業マン」の見分け方、仕分け方
 
下記の見分け方は、特に、社外秘などでもなく「かもめ(社内報だけど社外にも配布)」とかにも出ているような普通の考え方なので紹介してみたいと思います。もしも興味ある方いたらどうぞ!
 
他:kensuuさんのエントリーもおすすめ。
リクルートの人と仕事をするときに知っておきたいネタ 
 
 
つづきを読む


【まとめ】中国の革新的なネット系スタートアップ(ベンチャー企業)


画像出典:www.dirjournal.com/guides/social-media-marketing-enough-is-enough/

革新的と呼ぶには、コピーサイトが多々あるのでなんとも言えませんが(日本もか・・・。)、中国にはどんなネット系スタートアップがいるんだっけ?どれくらい?と、色々と調べていたら、quora.comでちょうど良いまとめがあったので、紹介してみます。
 
中国語も勉強し始めたので、かなり、各サイトを読めるようになってきました。
(とか言ってみたい・・・。)

では、興味ある方、どぞー 
 
 
参考リンク:http://quora.com/chine-no-kigyou
 
 
つづきを読む


【先着順】Quoraのinvitation(招待状)を差し上げます


 
 
もしもQuora.comに登録できずに困っている方おりましたら、
この話題のQandAサービスへの招待状を差し上げます。
最近、改めて活用しているのですが、何もかもが新しいQAサイトですよ。
 
1.下記の文章をtweet
2.@shinojapanをフォロー(DMを送るため)
3.私から、3日以内程度でメッセージをお送りします
※その後、Quoraの仕様により、メールアドレスをお聞きすることになってしまいます
 
先着で50名くらいまでしか対応できないと思いますが、
御興味ある方、是非、お知らせください!
※既にお知り合いの方であらば、メール頂けたらOKです。
 
 

下記の文章をtweetしてください

【Quoraの招待状希望 http://goo.gl/z49bV 】 @shinojapan #quora_shino
 
 

Quoraについては・・・

本家アドレス:http://www.quora.com/
情報収集はGoogleでもTwitterでもなくてQuoraの時代
私がQuoraブームを信じない理由(TCが否定する=可能性高い)


『trend geek』世界各国のwebsiteアクセス数ランクが500位まで閲覧できるサービス


 
なかなか便利そうなサイトを発見しました。
サイト名もなかなか面白い、http://trendgeek.net/(流行オタク)は、Alexaの世界ランクを、国別、ワールドワイド版などで、一目でチェックできる便利なサイト。毎週一度更新され、右上に更新日も記載されています。1~500位までを、1ページにまとめてくれているので、ページ遷移もいらず、サクサクと順位チェックできますよ。
  
つづきを読む