real

Wantedlyにて弊社スタッフ(二職種)の募集を開始しました。


 
11月頃から今もなお、さりげなく様々な求人媒体には出していたのですが、 
話題のWantedlyにも、求人広告を掲載してみました。
昨日と本日とMTGをしていて、採用種まきの遅さを危惧したので、即申込んでみました。
 
個人的にも、仲さんのブログを何度も拝見しており、非常に勉強になることが多かったので、
特に何も見ず、新しい出会いに期待を込めて、Wantedly ノーポチ!
※社内で「ノーポチ」という「勢いだけで即行動する」のが流行っています。w(ノーポチの語源
 
 
今回は、事業開発スタッフと、webデザイナーとの二職種を募集しています。
現在は7名ですが、これにて9〜10名くらいの体制で、事業を推進していきたいと考えています。
 
 
是非、「応援」よろしくお願いします!
 
 

応募要項

1)旅行好きな、事業開発 兼 企画営業職メンバーを大募集!
2)旅行好きな、Webデザイナー&コーダーさん大募集!
 
つづきを読む


『整理の習慣』初の書籍を出版いたしました!


 
 
諸先輩方を前に僭越ではあるのですが、このたび、初の書籍を上梓させて頂きました!
一応、正式な発売日は本日で、全国の書店などに順次並んでいくとのことですので、
こちらにて御報告させて頂きます。(かんき出版より)
 
Amazon : 仕事が速い人がやっている整理の習慣 
 
 

内容について

株式会社リクルートに勤めている時に培ったノウハウを集約した、いわゆる、『仕事のハウツー本』です。
メインのターゲットは一般的な社会人1〜3年目程度の方となります。私が普段からおこなっている、情報収集の仕方、情報マネジメント、仕事の進め方、タスクマネジメント、メールの整理、ソーシャルメディアの活用方法など、その辺りのノウハウを惜しみなく、より具体的に書かせて頂きました。
 
おそらく、ネットリテラシーの高い皆様にはとても浅い内容とは思いますが、職場の同僚や後輩で、仕事が遅く悩んでいる方などがいらっしゃれば、是非、全国の大手書店や、オンライン上でも流通しておりますので、ソーシャルな場での拡散や、紹介などをしていただきつつ、多くの方に、お読みいただけましたら幸いです。
 
なんなら、AKB48ばりに、保存用/飾る用/トイレに置く用/仕事に悩める後輩に配る用/持ち歩く用/電子版/  などですね、用途にあわせて御活用いただくことで、「1人1冊の時代に終焉を告げてしまう。」というのも、なかなか粋かもしれませんよ。10冊以上買って頂けたら、一緒にランチ券でもお付けしたい気持ちでございます。(笑)
 
 
なお、お世話になりました関係者のみなさまには郵送させて頂いておりますので、
あわせて御確認のほど、よろしくお願いいたします。
(その節は、本当にありがとうございました。)
 
 

仕事が速い人が必ずやっている整理の習慣

リクルート時代に培った仕事のハウツーを惜しみなくまとめた一冊!


厳選3店舗。ノマドに最適な都内東部の電源&wifiカフェ(含む:夜カフェ)


写真:http://www.flickr.com/photos/kwerfeldein/3113560008/
 
 
なんだかんだと、創業準備をしている間の一ヶ月間くらい、自由に、ウロウロと場所を変えて、意図せずノマドな状態になってしまっていたので、ノマドな皆様向け、または外で仕事をすることも多いサラリーマンの方向けにオススメのカフェを紹介してみようと思います。
 
特に、渋谷や表参道方面などはカフェ情報がわんさかと出てくるのですが、
東京都内の東部があまり陽に当たっていなかったので、東部にしぼって、3店舗ほど。
(自分が浅草に住んでいるということが理由なのですが。。)
 
 

こんな方にオススメ

1.外で仕事をすることも多く、電源&wifiカフェを知っておきたい
2.ノマドな仕事にあこがれを抱いている
3.最適な打ち合わせカフェや、休日仕事の場を探している
4.東部寄りに住んでいる、または東部で働いている。   など。
 
 
それでは、御興味のある方は下記よりどうぞ〜!
 
つづきを読む


【応援】 Songs for Japan がリリース

 iTunes Store(Japan)
▲Songs for Japan 海外アーティストからの大きな支援

 
日本のための歌。
利益はすべて、日本赤十字社に寄付されるそうです。
こんなに短期間で、多くのアーティスト、しかも海外のアーティストたちが応援してくれるのは、
本当に有難いことですね。
 
ところで、募金も、工夫次第ではレバレッジかけていくことができます。
1人の力は微力でも、工夫次第で大きくもなりますし、そうすべきだと思っています。
 
・各社が運営しているマッチングギフトに便乗。10000円→20000円になったり、
・サービスを受けて、利益分が寄付されるwin-winなモデル。
・また、ブログなどを通じて、一人でなく、多くの方の賛同を頂きながら額を増やすモデル。
 
わたくしも、上記リンクから購入頂いた場合は、
アフィリエイト収入分を全額寄付します。日本赤十字社を予定しています。
 
 
街頭募金を否定するわけではありませんが、
人件費をひかれるケースなどもあるみたいなので、そうなると、本末転倒。
肝心の被災者の方々にまわらなくなってしまいます。
 
 
ひとりひとりが創意工夫をし、
自分にできる目前の最良のことを、しっかりと取り組んでいきたいですね。
 
 
 iTunes Store(Japan)
▲Songs for Japan


世界各国からの支援発表に、心から感謝。

心から、有難い発表の数々。
こんなにも、多くの国々が、我々への支援を発表してくれています。
 
今、本大震災に対して、私たちにできることは、
とにかく、無事を祈る・応援する、寄付をする、生産活動をやめない、余計なことをして混乱や迷惑をかけない。
この程度かもしれません。

しかし、これを契機に、日本人が一致団結し、良い国に向けて動くことはできそうです。
 
もう、粗探しはやめたし。

自分のことだけを考えず、心を一つに、頑張りたい。
ただただ、そう思います。
世界が助けてくれたなら、世界に恩返しせねば。
まずは、強い日本の再構築。
 
※その他の国からの発表がありましたら、@shinojapanまで是非、mentionを。
 
 

USA

Obama: U.S. ‘stands ready to help’ Japan – CNN.com

中国

China Offers Japan Support for Quake Relief – China Real Time Report – WSJ

European Union(EU)

EU ready to help quake-stricken Japan – Monsters and Critics

ロシア

Russia ready to help quake-hit Japan | World | RIA Novosti –

オーストラリア:

Australia will help Japan – Wayne Swan | News.com.au –

台湾:

Taiwan’s charity organizations ready to launch relief aid to Japan

韓国

President pledges assistance to help Japan recover from quake | YONHAP NEWS

イギリス

British Government on stand-by to help Japan
 
 
 
さらに、Yahoo Answersには、もう、こんな投稿まで。
 
Where can I donate to help Japan?
(どうやって日本に募金すれば良いの?)
 
 
 
被災者の方の御無事を、心から祈りつつ。
そして、犠牲となってしまわれた方々のご冥福を。

合掌。


3月1日発売の日経ビジネスアソシエに登場中。

久しぶりに、掲載していただきました!
今回は、日経ビジネスアソシエのファンページを作成させて頂き、
その運用と、集客面を担当していたことの記事掲載となります。

ブランドをうまく活用させてもらった結果、短期間で2000人近くのファンが集まったのはとてもよかったです。
担当のTさん、本当にありがとうございました!
勉強になりました。
 
ファンページのことなら、なんでもお聞き下さいませ。
 
 

日経ビジネスアソシエ | 3月1日発売号

第二特集のFACEBOOKコーナーの後ろのほうに、載っておりますです。
過去のメディア掲載歴などはこちらから。


15年分まとめ:ボジョレー・ヌーボーのキャッチコピーがすごい


 
ボジョレーヌーボー。既に世間を大変賑わしていますね!
その味わい深さもそうなのですが、毎年のPR戦略も非常に秀逸なのでは、と誰しもが思っているかと思います。毎年11月の2週目頃から、急激に「いよいよボジョレーの季節~~」というところから始まり、本日の解禁までの期待値調整に、ストーリーの設計、流通、飲食店のモラル(誰もが定刻に解禁)など、本当に素晴らしいと感じます。ものすごいメディアの取り上げられ方です。
 
Google News 「ボジョレーヌーボー」で検索してみると・・・こちら
 
しかし一方で、インターネットが普及して参り、
過去のボジョレーヌーボーの評価を全てまとめてみると、
思わぬところに、「あれれ?」という矛盾に多く気が付けるのでした。 
 
そんなボジョレーヌーボーのキャッチコピーを15年間分まとめてみました。
なかなか面白い結果になりましたよ~是非、御覧くださいませ。
※評価は色々あり、下記が全て正しいということではございません。予め。
 
 
つづきを読む