life

2014年もありがとうございました!

2014年もありがとうございました!

今年も一年間、本当にありがとうございました!
いつも色々ありますが、今年も本当にたくさんのことがありましたねぇ・・・
簡素ですが、振り返ってみたいと思います。
 
つづきを読む


父が亡くなって。

2014年11月22日、父:和紀が永眠いたしました。
生前、お世話になったみなさまには、深く御礼申し上げます。
誠にありがとうございました。
 
また、詳細のご報告をできていなかった皆さま、
一部、仕事でご迷惑をおかけしてしまった皆さま、誠に申し訳ありませんでした。
 
そもそもブログにこんな私事を書くことも、また、
久しぶりのブログがこんな内容で良いのだろうかとも思ったのですが、
亡くなった今の気持ちを忘れず、また、深い学びとして前向きに突っ走るためにも、
ブログに向かってみることにしてみました。
 
つづきを読む


3年後のインターネット業界を予測する9つのトレンド

3年後の未来
 
最近ブログを全然書けていないのですが、
そして、これを書いてもまた間が空いてしまうと思うのですが、
今年に入ったあたりから、2−3年後の状態から逆算して、今日の打ち手を検討するという、
少し中長期的な目線で物事を考えるようになってきた結果、
だんだんと、見えるものが増えてきたような気がしています。
 
そこで、せっかくなので、なぜそういう頭の動かし方をしているかという理論ではなくて、
具体的に、私が考えている3年後くらいのインターネット業界のサービスは、
何がどうなっているのか、書いてみたくなったので書いてみたいと思います。
 
3年後に振り返るのが楽しみな、エントリーです。v
 
 
参考までに、このエントリーに近いカテゴリーのものです。
C to C ビジネスの1.0と2.0について考えてみた
スタートアップの立ち上げ方
 
つづきを読む


ピークをいつも今日に持ってくる。

最近、全くブログを書けていませんでした。
近ごろ、仕事もいままでよりも遥かにドタバタしながら、
言い訳なのですが、なかなか刺激的で大変な毎日を送っております。しあわせです・・・。
 
で、なんで今日、ブログを書こうかと思ったのはですね、
先日30代を迎えて、なんというか、「人生のピーク」について考えることがあったからです。
 
すどけんさんのエントリーあなたの旬はいつですか? を拝読しながらも、さらにそう思いました。
 
 

「ピークを今日に持ってくる」とは

つい先日、30代になりました。ついに・・・という感じです。
20代になったときほどはインパクトを感じなかったのですが、ただ、考えることがとても増えました。
特に、自分はどういう30代にしたいのか、というところです。
 
つづきを読む


1年間ありがとうございました。

12/27にて、株式会社Loco Partnersは本年度の営業が終了しました。
お世話になった皆々様、本当にありがとうございました。
 
毎年そうではありますが、今年は人生の中でも、もっとも激変の一年間だった気がします。
せっかくなので、1年の振り返りだけ残しておきたいなぁと思います。
そう、自己満ブログです・・・
 
つづきを読む


旅館はRyokanであってほしい。

別邸 仙寿庵
▲別邸仙寿庵 様(群馬県)
 
今年は初めての体験が満載でしたが、中でも、
グローバルな経営者や、海外の友人たちに触れる機会に多くめぐまれ、
様々なシーンで、弊社の事業についてお話しをすることができたのは素晴らしいことでした。
 
そして会話を通じて、何度も思ったことがあります。
それはずばり、旅館は「Ryokan」で!ということです。
  
つづきを読む


IVS 2013 Fall に参加してみて。Ryokanについて。

先日、初めて、IVSに参加させていただきまして、
とても実りある場になったので、ブログに残しておきたいと思いました。
お声がけ頂いた小林さん、運営スタッフのみなさま、お話しさせて頂いたみなさま、ありがとうございました!
 
初めて参加させて頂いたので、ブログに思うことをストックしておこうとおもいます。
 
 

わたしの収穫

ちょっとただの日記ぽくなってしまったのですが、そのままつらつらと・・・
 
・交流
私のような企業規模ではあまりお話しできない方とコミュニケートできた。
創業経営者や、成長企業の方々から生の、生きる体験は今の私にとって大変参考になりました。
 
・情報収集
セッションの聴講は大変参考になるものばかりでした。
今すぐに取り組んでいけること、生の最新情報など、様々得ることができたのでした。
個別にも久しぶりに会う方々とたくさんお話しができ、とても良かったです。
 
・海外ゲストとの交流
同じく、海外スタートアップ経営陣の方々とお話しをする機会がたくさんあったのは良かった。
英語の苦手意識はほとんどなくなったけれど、まだまだ日常会話の域を超えられない・・・
朝のプライベートレッスンはとても効いてきたが。。(探されている方いましたら、ご紹介します。v)
 
・体験
実はこの短い期間の間に、
紅葉、座禅、お茶、素晴らしい空間でのパーティ、京都の散策、美味しいお料理など、
なによりも自分自身が楽しめる体験が満載でした。
 
事業ではこうした体験の提供をしているものの、体験を享受する機会は減っていたので、
すべてに参加させて頂けたことは、とても実りあるものでした。
 
 
などなどなど、3日間の濃密な時間によって得られた収穫は、
これ以外にもあげたらキリがなく、すごく良いものでした。
 
 

その他、反省点や改善点

・弊社の速度では遅すぎる。まだまだ一気に、集中してアクションしていこう。
・終日飲み過ぎて集中力が低下・・・。お酒は少しの間控えるようにしよう。。(?)
・リアルノーポチさせて頂いた朝ランニングを、若干の風邪の悪寒でパスしてしまう。大変申し訳ありません・・・涙
・Launch Padを拝見し、レベルの高いプロダクトやみなさまの成長速度に焦燥感のような感覚をおぼえる。
 
 

Ryokanについて

弊社サービスのreluxについて、会話の中でたくさんお話しをさせていただいたところ、
想像よりも遥かに多くの方にリーチできていることが分かったのは、とても嬉しいことでした。
プロモーションの出し方や、ブランディングの方向性自体は誤っていないと感じました。
 
しかし、一方で別の話しですが、想像以上に驚いたことは、
海外のゲストともたくさんコミュニケーションしていて、意図的に「Ryokan」というワードを使っていたのですが、
全くもって、誰にも通じないことにはハッとさせられました。
 
Sushi、Tempura、Tokyo、Mt.Fuji などは当たり前に知っていますが、
「Ryokan」というワードには、きちんと説明をしないとなんなのかすら理解してくれません
日本に来ており、少なからず日本に興味を持っている彼らすら知らないのです。
 
ここはある種の勝機を感じましたし、一方では危機も感じるところです。
数百年以上も続く日本古来の文化でありながら、Ryokanが海外に伝わっていないというのが、
なんというか、今までの旅行代理店は何をやっていたのだろうかと、強く感じたのです。
 
グローバルシーンにおけるRyokanのプレゼンスを私たちが積極的に高めていき、
日本のインバウンド旅行を盛り上げていきたいと、強烈に感じました。
 
そういう意味で、2014年に掲げたいテーマの一つは、グローバライズとなりました。
 
  

まとめ

12月は、今年一年で一番頑張った月と言えるように、
最後の最後まで全速力で頑張りたいとおもいます。