サバイブするには、戦術のミルクレープ化がとても大事なお話し。

どうもこんにちは、Reluxシノヅカです。
ブログもライトな文量・文質でいいか! と決めたところ、
いつも会社で日報を書いている感覚で更新できそうです。
2回目ですけども、今のところ順調です。
 
さて、今回は企業やプロダクトのサバイブ(生き残り)におけるとても大事なことを書いてみました。
「事業ポートフォリオをきちんと作らんかい。」と言われるとなんだかやや小難しいのですが、「戦術はミルクレープ化が大事だよ」というとなんか軽そうに聞こえて、ちょっとだけ興味を持つものです。私が創業以来。というより社会人になってからかな。一貫して気をつけていたことの1つですが、かなり大事な考えだなぁと最近改めて感じていますので紹介したいとおもいます。
 
 

戦術のミルクレープとは

戦略の大掛かりな変更・ピボットとは異なり、戦術的(打ち手)なお話しになります。よく会社で、各自のミクロな担当領域・ミッションレベルにおいて、ミルクレープを意識しているか? という話をしています。
 
どういうことか、図示してみるとこんな感じです。
こういうケースは結構あるとおもいます。
 
 

ミルクレープ化されていないと、トップラインは上がらず、
落ち目に入ったところから焦るので、何も進行していないものです。
 
 

ミルクレープのごとくミル(皮)=戦術を積み上げていると、
トップラインが上がっていき、組織・サービスはどんどんと成長していきます。
重要1:伸びている時こそ、ミルを積み上げること。いつか落ちる。
重要2:かつて価値を発揮した機能・売上・打ち手もいつかは落ちる。(という前提でいよう)
 
今のところ、Reluxはこの法則に従った安住することなく、
常に新しいミルを積み上げることで、ナントカぎりぎり伸びている状態です。
人・組織課題も、プロダクト課題も、お金の課題も常になにかしらありますが、
ひたすらミルを考え、先んじて実行していけばきっとなんとかなります。
 
 

たとえば、ミルクレープになりえるもの

新しい集客チャネル、今の集客ボリュームで満足することなく常に新しい面を探しているか。
集客チャネル内の改善、Facebook内でできることはやりきったのか。新しいミルはないのか。
組織、今までのやり方で課題が膨らんでいないか。新しい組織の仕組みはないか。
機能・サービス、これまで機能していたが落ちるものはないか。新しい価値・機能とはなんだろうか。
究極的には「Relux」というプロダクトだけで大丈夫か? ということもゼロベースで常に自問します。
デバイス、SP、PC、アプリ、他にも様々なデバイスがある。ここはミル化できないのか。
自分自身の学習、これまでの学習に依存していないか、新しい知識は常に蓄えているのか。
セールス、これまでの延長線上で打ち手を検討していないか。新しいアタック方法はないのか。
 
 
思えば、Facebook、Google、Amazon、CyberAgent、Recruit、Softbank、KDDI、などなど、
あらゆる企業は成長期にこそ焦りを持ち、ミル化した施策を放ち、それが実になって繁盛している。
 
現在の成長に依存・油断することはなく、新しい成長源となるものを常に模索し、ミル化すること。
それのみが、継続的に成長しつづける企業の唯一の特徴であるようにおもうのですね。
 
 
秋山真之風にしめますと、
「グロース中こそ、兜の緒を締めよ」です。