プロダクトオーナーが意識しておくべきことをまとめてみた。

創業してからずっと、なんやかんやとReluxのプロダクト面は見続けており、
全てとは言わないものの、今なお細かいUXすらチェックしていたりします。
 
本日は、Loco日報とかで書き溜めてきたものをひっくり返しながら、
「プロダクトオーナーのあり方」について思うことをまとめよう、と思い立ちました。
少しでも、プロダクト作りに近い方の参考にならば幸いです。
 
なんだかメモを掘り起こしては加筆してたら、大作になってしまいましたが、(;・∀・)
早速、ここから7つのアイディアを紹介してみます。
 
 
結構長いのと、粒度バラバラですごめんなさい。
 
 

#1 ユーザー調査はほとんど意味がない

プロダクトオーナーのMissionを一行で表すとしたら、
「プロダクトを通じ、半歩先にあるユーザーの潜在課題を解決してあげること」だと思っています。
今ではなく「半歩先」で、顕在課題ではなく「潜在課題」 という点がポイントです。
 
スティーブ・ジョブズの例は大げさですが、機能についても言える話しです。
「馬が移動の中心だった時代に調査をしても、「車」という案は出ずに速い馬を求めるだけである。」
 
現代でも同じで、ヤフオクユーザーに「便利な機能」を聞いたところで、
「メルカリをつくってほしい」という意見はまず100%出てこないのではないでしょうか。
 
 
これは「ユーザー調査を一切するな、意見は無視だ」なんて意味ではなく、
我々は常に、半歩先の潜在的課題を解決することが求められているという点が大切です。
ユーザー調査ではあくまで現在ある顕在化している課題しか見えませんので、
半歩先の潜在的課題は、マクロな調査などではまずもって見えません。
(#注 ここ最近はNPSの取得をし、満足度の状態を定点観測するようにはしています。)
 
ユーザー調査はほとんど意味がなく、膨大なデータとにらめっこしながら、
プロデューサーの知恵の絞り出しにこそ、時をかけ努力すべきでしょう。
困った時すぐに「ここはユーザー調査だ!」というのは、思考停止のサインかもしれません。
 
 
つづきを読む