C to C ビジネスの1.0と2.0について考えてみた

9月にアメリカ、10月にシンガポールへ行き、
意図していわゆる C to C なサービスを使うようになって、
ちょっとだけ気がついたのは、CtoCの本丸はここか! と思ったお話しです。
 
ちょっと評論家感、満載なエントリーになってしまったのですが、
ささっとブログ書きながら、気がついたことを整理してみたいと思います。
規制とかを考えると何もできなくなるので、無視してみましたが・・・
 
 

CtoC 2.0は、ビジネスからのニーズスイッチ

私が気がついたのは、CtoCがver2.0に入り始めたのではないだろうか、ということです。
 
じつは今、日本国内に存在するCtoC事業のほとんどは、
元からCtoCだったものが、インターネットに移管されてきたものです。
悪い意味ではなくて、テクノロジーの進化によって必然として出た気がします。
そういう意味では、CtoCの1.0的なものを創り上げてくれました。
 
マーケットプレイス、教育、コミュニケーションツール、街の掲示板、観光ガイドなど。
 
ただ、今、海の向こうで急激に流行り始めているものは少し様相が違ったんです。
それは、プロバイダーが「法人(ビジネス)」だったものが、「個人」になっているのですよね。
こっちのほうが市場規模が莫大であり、本丸なのだと気がつきました。
 
個人to個人だったものが、オンラインで個人to個人になったのではなく、
法人to個人じゃないとダメだったはずのものが、急速に個人to個人へと拡大してきているのです。
 
つづきを読む