ボジョレーヌーボー:ここ16年間のキャッチフレーズがすごいからまとめてみた。 


 
今年もやってきましたボジョレーヌーボー。
もうこんな時期か〜と、1年の終わりをとても早く感じるものです。
昨年度にもまとめた記事ですが、今年度分も足して、16年度分をまとめてみましたよ。
 
やはり、自分の感覚を大切に、世に流されず生きたいと思うとともに、
この流通戦略は、ソーシャルな世の中ではそろそろ厳しいのでは、、、
と、毎年思うのでした。
 
 
以下、驚愕の16年分、どうぞ。
(今年から参考リンクをつけていこうと思います。過去のものはもし見つけたら教えて下さいませ。)
 
 

 
 

ここ16年間にわたる、ボジョレーヌーボーの評価

95年「ここ数年で一番出来が良い」
96年「10年に1度の逸品」
97年「1976年以来の品質」
98年「10年に1度の当たり年」
99年「品質は昨年より良い」
00年「出来は上々で申し分の無い仕上がり」
01年「ここ10年で最高」
02年「過去10年で最高と言われた01年を上回る出来栄え」「1995年以来の出来」
03年「100年に1度の出来」「近年にない良い出来」
04年「香りが強く中々の出来栄え」
05年「ここ数年で最高」
06年「昨年同様良い出来栄え」
07年「柔らかく果実味が豊かで上質な味わい」
08年「豊かな果実味と程よい酸味が調和した味」
09年「50年に1度の出来栄え」
10年「今年は天候が良かった為、昨年並みの仕上がり。爽やかでバランスが良い」
11年「50年に一度の当たり年ともいわれるほど期待できる仕上がり」(参考) 
 
wikipediaも参考