Apple Wireless Keyboard × iPhone / iPad のすすめ。(含:商品レビュー&設定方法)


 
Apple Wireless Keyboardを、いつもお世話になっている友人@ginsaku(twitter)のススメもあり、apple storeにて購入してみたところ、たったの6800円にして、感動的なワーク環境が生まれたので紹介です。久しぶりに、デジタルガジェットで、感動しました~。ちょうど先週、堀江貴文氏のブログ(参考記事)でも紹介されており、気になっていたアイテムの一つでした。

 

そもそも、Apple Wireless Keyboardとは?

 
Amazon紹介文:「超薄型でコンパクトなApple Wireless Keyboardは、Bluetoothテクノロジーにより、お使いのMacにケーブルなしで接続できます。」

実際に購入し使ってみたところ、
オシャレで、薄くて、軽くて、持ち運びには全く邪魔になりませんし、
ケーブルレスで快適だし、文字入力のタイムラグはゼロです。誤差無し!
 
 

感動的なワーク環境の実現

Apple Wireless Keyboardの存在により、iPhoneの入力や、iPadの入力が当たり前ですが、PCと同レベルの速度になります。
 

・iPhoneの場合

外出中など、iPhoneを拠点としてメール、文書編集、他、何にでも使えるので、今までは難しかった、iPhoneを活用した長文の編集などにも、最適な環境が誕生します。iPhoneとキーボードの組み合わせが、こんなに感動するとは、正直、まったく思ってもみませんでした。
  
・会議中:keyboard+evernoteでメモ取り。
・電車の中:keyboard+メーラーで返信。
・カフェ:keyboard+ブラウザでネットサーフ。
 

・iPadの場合

カフェなどで、長文のワード編集、メール返信、企画書制作などある際、かなりの威力を発揮します。が、内蔵キーボードでも個人的には問題ないので、本当の意味で本キーボードが威力を発揮するのは、iPhoneかも、なんて思っています。


▲iPadでも、iPhoneでも簡単な設定で使える。切り替えられる。
 
 

Apple Wireless Keyboardの設定方法

 
至極、シンプルです。
1.iPhone/iPadの設定>一般>Bluetoothを ONにする
2.keyboardをタップ→認証キーを求められる
3.keyboard側で、表示された認証キーをタイプし、エンター
4.接続完了、これでタイプできます。
 
※注意点
1回に、1端末しかセキュリティ上接続できません。
10mの距離まで入力できてしまうので、他の人に読み取られたら大変ですからね。
iPadとiPhoneを切り替える場合、一度、接続解除すればokです。 
 
iOS4以上が対象です。アップデート後に、使用くださいませ。
 
 

ショートカットも勿論、動きますよ。

 
command + a、 全選択
command + z, アンドゥ(前の入力に戻る)
command + shift + z, (次の入力に進む)
command + x, カット
command + c, コピー
command + v, 貼り付け
command + 上矢印, 一番上にジャンプ
command + 下矢印, 一番下にジャンプ
command + 左矢印, インジケーターを一番左に
command + 右矢印, インジケーターを一番右に
F1, 暗くする。
F2, 明るくする。
F7, F8, F9, iPod の戻る、一時停止 / 再生、 進む
F10, ミュート
F11, 音量を小さく
F12, 音量を大きく
 
  

商品(Amazon)

ちなみに、自分は、US版を買いました~特に深い意味はなく。
そして、apple storeで購入したけど、Amazonのが安いという。。。
JP版:Apple Wireless Keyboard(送料込:6491円)
US版:Apple Wireless Keyboard (US)(送料込:6491円)
 
 

参考動画も見つけました!ほんと、こんな感じ。