【App store】iPhoneからUSアプリをダウンロードする荒技。

iphone appstore us

これは、なかなか便利です。
itunesでUSアカウントを取得し、PCからはUSアプリをダウンロードしたりしていたのですが、この方法によって、iPhone本体を使って、3G環境でも、wifi環境でも、iPhoneからUSアプリがダウンロード出来ちゃいますよ。下記にやり方をご紹介します。(USアカウントを持っていれば、数分で設定完了します。)
 

まず、あえて、デメリットから。

1.USでダウンロードしたものや、JPでダウンロードしたものが入り交じってしまうため、インストール後のアプリアップデートが面倒くさいです。でもまぁ、PCでダウンロードしても同じ現象は起きます。

2.たまにうまくログアウト出来ず、iPhoneを再起動しないとダメになる。
原因不明ですが、壊れるわけじゃない&ほぼ起こりませんが、気になります。

3.御利用は自己責任にて。
  
 
以下、その方法を御紹介します

1.何はともあれ、USアカウントを”無料”で取得する。(10~15分程度)

多くのブログで既に話題なので、ここでの御紹介は割愛しますね。ちなみに、昔は有料で強引に取る方法が主流でしたが、現在は無料で取得可能です。
こことか、こことか、ここが、非常に分かりやすく説明されています。
 

2.iPhone側の設定をいじります。(1分)

設定>store>サインアウト で、現在ログイン中のアカウントをサインアウト

3.もちろん、続いてUSアカウントでサインイン(1分)

同じく、設定>store>サインイン

4.アップストアにアクセス(5秒)

ホーム画面> App store をクリックし、ログイン
ここで、英語になっていれば成功です。どんなソフトもダウンロードできます。

※英語になっていない場合(1分)

App store、スクロールして一番下にアカウント:●●●@●●●●.com などとあると思いますが、ここをクリックして、再度、USアカウントにてログインします。これで、英語になるはずです。
 
あとは、USアカウントでしかダウンロードできないアプリを落とすだけ!
Photoshop?Amazon kindle?Amazon.com?Flickr?無料で色々あります。
是非、USアプリを楽しんでください!